フリーコール(通話料無料) 0800-777-5600 受付時間:平日9:00~17:30

お客様の声

2021.3.29【需要家インタビュー】 つくみイルカ島様

新電力_お客様の声_イルカ島①

 

今回は、津久見市の「うみたま体験パーク つくみイルカ島」の田中館長へ取材に伺いました。
公式HP:http://www.tsukumi-irukajima.jp/index.php

 

「つくみイルカ島」は、津久見市と「うみたまご」がコラボレーションしたことにより誕生した、イルカと触れ合える体験型施設です。また、研究施設としての側面を併せ持ち、イルカの研究に関して最先端の研究施設として学術的な注目も集めています。

 

―田中館長、本日はよろしくお願いします。

 

ー早速なのですが、新電力おおいたを知ったきっかけをお聞きしてもよろしいでしょうか?

 

新電力_お客様の声_イルカ島②

 

田中館長:実は、新電力おおいたの部長さんと以前から交流があり、新電力おおいたさんについて詳しく教えてもらったのがきっかけです。「新電力」のことについて、詳しく教えてもらいました。

 

―電気を新電力おおいたに切り替えていただけた理由をお聞きしてもよろしいでしょうか?

 

田中館長:新電力おおいたさんの理念に掲げられている、「地産地消」や「地域活性化」に賛同したからです。「つくみイルカ島」も大分県に根差した民間企業ですので、もちろん大分県に貢献したい!応援したい!という気持ちは強く持っています。

 

一緒に大分を活性化できたらと思い、切り替えを決めました。

 

ーご賛同いただけて大変光栄です!

 

続いて「つくみイルカ島」について教えてください。

 

ーなぜ、「うみたまご」から離れた津久見市に、設立されたのでしょうか?

 

田中館長:津久見市の海は全国的に見ても稀有な場所です。年間通して海水温が高く、また大きな河川がなく、ごみや病原菌の不安がない場所を探して設立しました。「うみたまご」からは離れてしまいましたが、本格的なイルカ研究ができる理想の環境です。

 

ー「イルカ研究」とはどのような研究をされているのでしょうか?

 

田中館長:代表的なものでイルカの繁殖に関する研究であったり、イルカのストレスに関する研究であったり、「イルカの悪性腫瘍摘出」なんかも行いましたよ。もちろん日本初です。ここにはイルカを日本一長生きさせるためのシステムも完備されていますし、イルカにとっても理想的な環境なんです。

 

ーイルカ研究の最先端施設が、大分県にあったとは驚きました。友達に自慢してみたくなってしまいます!

 

田中館長:大分県の方で、「うみたまご」に行ったことがあるという方は多いですが、「つくみイルカ島」に行ったことがあるという方はまだ少ないんです。これを見て、少しでも多くの方に知ってもらいたいですね。

 

ー田中館長、本日はお答えいただき、ありがとうございました。田中館長のイルカ愛が強く伝わった、素敵なインタビューになりました!

 

 

————————<アクセス>——————————

うみたま体験パーク「つくみイルカ島」
〒879-2683
大分県津久見市大字四浦2218番地10
TEL:0972-85-3020 FAX:0972-85-3010